マス広告

マス広告は日本の総広告費の過半数を占める、主要な4つのメディア・媒体(テレビ広告、ラジオ広告、新聞広告、雑誌広告)です。近年では、新しいメディアであるインターネットの台頭に伴い、それぞれの媒体の特長を生かし、尚且つ、インターネットとの連動性を持たせた有効的な広告作りが重要になっています。

マス広告の種類

テレビ広告

絶大な普及率と世代性別を問わないアピールが可能です。

日本人の約9割のヒトが毎日、テレビを視聴しています。そのため、インターネットが普及した現在でもテレビ広告(CM広告)は、世代性別を問わず幅広くタイムリーに情報を伝えることができる抜群の広告媒体になります。視聴者に映像と音声でイメージを直接伝えられるで、企業・商品の魅力を効果的にアピールできます。
ラジオ広告

インターネットとの有効な広告展開が可能です。

パーソナリティと聴取者が1対1の深い関係が作りやすく共感を与えることができるラジオは、他のメディアには無い優れた特長を持つメディアです。また、時間帯により聴取者がはっきりと異なるのもラジオ媒体の特長です。運転中、移動中でも聴取ができ、テレビ広告などに比べると低コストで済むというメリットもあります。ラジオを聴きながらインターネットを併行するヒトも多く、その相性のよさも考えると有効な広告展開が期待できます。
新聞広告

信頼性と公共性が高くブランド効果アップが期待できます。

毎日、自宅に届けられる新聞は、数多くの人に確実に目を通してもらえるという特長があり、さらに社会的信頼性と公共性の高い媒体でもあります。そこに掲載される広告は高い信用を得ることができ企業・商品のブランド認知、イメージアップにとても効果的です。また、じっくり読んでもらう事ができるので、丁寧な説明を要する広告展開にも有効的です。
雑誌広告

特定ターゲットに効率よく確実に訴求ができます。

マス広告の中でもターゲティングがしやすい媒体です。読者層がはっきりしているため、クラスメディアとして専門的な内容を伝えることもでき、保存性が高いため繰り返し読まれるので、広告の反復効果も期待できます。また、都市集中度が高いため、時代の先端性を備えた商品の広告に適しています。

お問い合わせ
表示灯は、交通広告、屋外広告、新聞・雑誌広告、TV・ラジオ広告などの「総合広告代理業」と、環境、交通、公共施設、商業施設、誘導案内サインの企画・開発・設計・施工などの「トータルサイン」をそれぞれの専門部署の知識と経験を活かしご提供しています。