バス広告

バス広告は、人々の生活の足でもあるバスに広告展開が可能な交通広告です。地域密着の特性が強く、企業・商品のブランディング効果があり、エリアによってターゲットが絞れるため、ビジネスマンや学生、中高齢者などへの直接訴求ができます。また、他の交通広告と比べ、比較的に低コストで掲出ができます。

バス広告の特長

01
特定の地域を運行するため、地域に密着した広告展開が可能です。
02
広告効果だけではなく、企業・商品のブランディング効果も期待できます。
03
他の交通広告と比較して、コストを抑えた展開が可能です。

バス広告の種類

車内広告

※このイラストはイメージ図で、実際とは異なります。

まど上/額面

立っている乗客の目の高さにあり、小さめの文字もはっきり読める注目率の高い媒体です。掲出料も長期になればなるほど割安な特別設定をしています。

側吊

額面ポスターの下、ガラス窓の前に中吊感覚で掲出されます。

吊下

運転席の後部に設置され、車内全体に向いて掲出される注目率の高い広告媒体です。

中吊

バス車内の中央部分に設置されるため、特に後部座席の乗客の視線を集めます。

車外広告

※このイラストはイメージ図で、実際とは異なります。

側板広告

バスの側面に付いた広告で、歩行者の目にとまりやすく遠くからでも目につくインパクトのある媒体です。

後板広告

バスの後部に掲出される広告で、後続車のドライバーや歩行者の目にとまりやすい、とても注目度の高い媒体です。

バス広告の掲出料金


お問い合わせ
表示灯は、交通広告、屋外広告、新聞・雑誌広告、TV・ラジオ広告などの「総合広告代理業」と、環境、交通、公共施設、商業施設、誘導案内サインの企画・開発・設計・施工などの「トータルサイン」をそれぞれの専門部署の知識と経験を活かしご提供しています。