今すぐ知りたい!デジタルサイネージとは

デジタルサイネージの4つの期待される導入メリットとは

デジタルサイネージの導入には投資コストがかかります。しかし、これらのコストをかけてでも、導入するメリットがあります。もちろん、そのメリットを享受するためにはしっかりとしたプランニングと継続的な運営が必須となります。

広告媒体

デジタルサイネージ広告は、立て看板広告と比較し単位面積当たりでの広告表示量を時間方向に増やすことができるだけなく、動画や音声といった高い表現力でアイキャッチ効果を高める事ができます。これにより広告収益の向上が図れます。
また、運営を自動化することで張替の人員が削減することができ、人件費削減が期待できます。

販促媒体

売りたいものを直接訴求することによって、意思決定の後押しをしたり、リアルタイム性のある値引き情報等を提供することによって、売上の向上が期待できます。

特に近年では、ファストフードショップのメニューボードや、アパレルショップでの導入が進み、「今売りたいもの」をリアルタイムで表示するシーンが多く普及し一般化してきました。また販促PRの人員を削減しデジタルサイネージ化する事で、人件費削減も期待できます。

情報媒体

施設案内や観光情報をデジタル化するメリットの一つに、多言語化があります。近年のインバウンド需要に対し、外国語に精通した人を含めた人材の不足に対して、デジタルサイネージは、これらの業務を直接置き換え、サポートが可能です。サービスの向上による顧客満足向上が期待されるだけでなく、サポート要員の削減等、トータルコスト削減にデジタルサイネージは効果があります。

環境・演出媒体

人の集まる憩いの場、待ち合わせ場所、イベントなどの演出にもデジタルサイネージは効果が期待されます。デジタル技術を駆使した映像空間によりロケーション価値を高めることで、より多くの人を集めるだけでなく、リピーターの獲得にも効果を期待できます。

これらのとおり、直接的・間接的に「売上の向上」「コスト削減」「価値の向上」を行い、収益を向上させることが、デジタルサイネージが導入される理由です。