今すぐ知りたい!デジタルサイネージとは

デジタルサイネージとは

デジタルサイネージとは、電子看板を意味し、デジタル技術を用いてディスプレイやプロジェクターなどで映像や画像、音声、テキストを掲出し、情報発信する媒体のことです。

デジタルサイネージは、設置場所のニーズに合わせて、表示装置や表示端末、通信回線、ストレージデバイス等の装置を組み合わせにより、さまざまな映像・画像や音声、文字を時間で制御し表示することができます。さらに、タッチパネルモニターを採用すると、利用者とインタラクティブに情報をやり取りし、利用者の求めている情報を発信することができます。

デジタルサイネージの4つの機能とは

デジタルサイネージは大きくわけて4つの媒体機能を提供します。

広告媒体

看板広告の電子化用途に利用されています。昨今のデジタル化の中でもっとも多くの人の目につくのは、駅や鉄道車両内のポスターの電子化です。従来の紙媒体では貼り換えの作業が必要でしたが、デジタルサイネージ化することにより、貼り換えの手間が省けるだけでなく、時間単位でポスターを切り替える事が出来ます。また、静止画だけでなく動画にも対応することで、よりアイキャッチの優れた広告媒体になるだけでなく、時間単位で映像を切り替える事で、より多くの広告を表示することができます。

テレビCMのように不特定手数をターゲットにした広告とは異なり、設置場所や地域性など、そのロケーションに最適な特定層向けの広告を発信することができます。

販促媒体

おもに商業施設などの店舗の販促ツールに使われています。メニューボードや特売情報、POSデータと連動した販促情報をリアルタイムで表示する事により、直接的な売り上げに直結する効果が期待され、デジタルサイネージ市場では多くのロケーションでの導入が進んでいます。

情報媒体

ホテルや施設の設備情報や館内情報、金融情報や天気といった情報や、市役所などの行政情報など、利用者が必要とする情報をデジタルで、リアルタイムに提供することができます。

タッチパネルを併設することにより、必要な情報を検索して表示する等、インタラクティブ性のあるコンテンツも多く普及しています。

当社も地図広告媒体や市の館内情報モニターでタッチパネルを用い、さまざまな導入実績を重ねてきました。

情報媒体は、広告媒体と併設することで、より利用者目線に沿った情報提供と広告のリーチが期待出来ます。

環境・演出媒体

昨今のデジタル技術やIoT技術の向上で期待されている新しい分野が、この環境・演出媒体です。プロジェクターを用いたプロジェクションマッピングや、センサー技術を用いたインタラクティブコンテンツなど、ロケーション価値そのものを向上させる事を目的とした媒体で、今後の市場拡大が期待されます。

MENU デジタルサイネージとは