表示灯のデジタルサイネージ開発者コラム

デジタルサイネージの「環境・演出媒体としての機能」

デジタルサイネージは、ロケーションや街のイメージや、エリアの存在価値まで、根本的なところから変える可能性を秘めていると言っても過言ではありません。それがデジタルサイネージの持つ「環境・演出媒体としての機能」です。

環境・演出媒体としてのデジタルサイネージとは

デジタルサイネージは、人の集まる憩いの場や待ち合わせ場所、多くの人が集まるイベント会場などでの、環境演出にも多くの効果が期待されます。デジタル技術を駆使した映像による空間の創造は、そのロケーション価値を高めることで、より多くの人を集めるだけでなく、何度となく訪れるリピーターの獲得にも効果を発揮します。

街を彩るデジタルサイネージ

すでにデジタルサイネージがランドマークの役割を果たし、世界的にも有名な街並みとして、多くの人々が認識している東京・渋谷スクランブル交差点。
周囲のビルを見上げると大型ビジョンだけでも、ざっと10機近くが交差点を囲うように設置され、行き交う多くの人々へ情報を発信しています。その多くは、広告配信が主な目的ですが、数機を連動させてプロモーションを行ったり、スポーツイベントを放映することも可能で、すでにこの街の空間にデジタルサイネージが溶け込み、ひとつの街を彩る景色となっています。
ニューヨークのタイムズスクエアも同様に、多くの人々がデジタルサイネージがある景色をそのロケーションの代表的な風景としてインプットしているのです。

デジタルサイネージ × スポーツ

例えばスタジアムでスポーツの試合が行われていると、選手の紹介や試合のリプレー映像、試合後のインタビューなどが大型ビジョンで配信されます。全国各地の多くのスタジアムやアリーナなどの競技場では、観衆を悦ばすために、すでに大型ビジョンの設営は必須となっています。このようにデジタルサイネージは、スポーツを楽しむためのアイテムとして、より人々の気持ちを豊かにする機能を持っていると言えます。

デジタルサイネージ × 音楽

同様に音楽イベントでも、デジタルサイネージは高い効果を発揮しています。アーティストの姿を大きく表示することはもちろん、ディスプレイに流す映像の電飾効果で、現実離れした空間を創出するなど、とても豊かな演出効果を表現できます。これらのライブによるデジタルサイネージを使った演出効果は、実際にその空間に身をおいた人でしか体験できない、まさにライブな効果を人々にもたらすのです。

環境を演出するプロジェクションマッピングによるデジタルサイネージ

2012年、東京駅丸の内駅舎でプロジェクションマッピングによるイルミネーションイベントが行われたことがきっかけに、多くの人々の認知を得たプロジェクションマッピングによるデジタルサイネージ。規模の大小はありながら、その手法は多くのロケーションで取り入れられ、進化を続けています。
例えば歴史的建造物を利用して、春には桜の季節に桜をイメージした映像、夏には七夕をイメージ、秋には紅葉をイメージしたり、冬には雪や氷の世界をイメージした、プロジェクションマッピングの映像効果で、環境を演出していく。そんな試みが、全国各地で行われています。
代表的な例として、京都・二条城では、定期的にプロジェクションマッピングによるイルミネーションイベントが行われ、国内はもちろん外国からの訪日観光客へ向けて、日本の伝統美を表現し、話題を呼んでいます。

プロジェクションマッピング・デジタルサイネージ常設による環境創造

鎌倉の歴史文化交流館や埼玉県の彩の国ビジュアルプラザなどでは、常設のプロジェクションマッピングにより、子供たちをはじめとして教育や知識育成を養う役割をデジタルサイネージが担っています。
また、酒造資料館や天然水の製造工場の見学施設などでも、訪れる人々にその製品のベースとなる環境や知識を、プロジェクションマッピング・デジタルサイネージが案内しています。

プロジェクション・デジタルサイネージ × 街のイベント

大規模なイベントへ、どうしても注目してしまいがちですが、プロジェクション・デジタルサイネージを利用すれば、例えば近くの公園が野外映画館に!学校の体育館がイベントホールに!公民館がパブリック・ビューイング施設に変身します。
オリンピックやパラリンピック、スポーツの世界大会などを、街のみんなで容易に楽しむことが可能となり、より身近なメディアとしてデジタルサイネージが人々を豊かな環境に誘います。

デジタルサイネージのインタラクティブな機能

ますます、発展するAI技術やIoT技術で、インタラクティブな情報発信が可能なデジタルサイネージ。アートやエデュケーションなど、街や環境、人々を豊かにする、多岐にわたる分野で大きな可能性を秘めています。デジタルサイネージ、その可能性は無限大とも言えるのです。