• HOME
  • [商品番号015]ノンスリップONE(屋内用・屋外用)
  • 防災啓蒙
  • 平常時も
  • 発災時に
  • 蓄光
  • 反射

商品番号015
ノンスリップONE(屋内用・屋外用)

剥がれにくく、滑りにくい 高耐久防滑フロアサイン

  • 屋外・屋内を問わずに簡易設置できる、床面の避難誘導標識。
  • 短時間硬化で施工可能。不快なニオイもありません。溶剤・有害物質を含まない環境配慮型製品。
  • 約3〜5年の持続性を保つトップコートと、約10年の耐摩耗性のサイドコートでデザイン面をカバー。
施工後 約1〜2時間で歩行可能になります。硬化時間は環境温度によって前後します。

設置事例:大阪メトロ 本町駅

設置事例:都営地下鉄 都庁前駅

規格・テストデータ

規格 テストデータ
防滑性
(JIS A 1454準拠(硬靴底))
表面乾燥時 0.80(CSR値)
水散布時0.64 (CSR値)
耐候性試験
(JIS B7753)
結果:変色・変化なし
(試験時間2000時間)
粘着力
(JIS A6909準拠)
1.7~2.6N/㎟(石材・タイル面平均)
※PP系PE系下地では3割程度低下します
摩擦性
(JIS K7204準拠)
鉛筆硬度6H以上
500円硬貨と同等程度
鉄道車両用材料燃焼試験
(17-25K)
不燃判定
上記全てのデータは実験結果 (実測値)であり、保証値ではありません。

断面図

対応年数及び更新目安

施設 歩行頻度 対応年数 交換時期
(サインの状況)
50000人/1日 2~3年 表面の摩耗により剥離・グリップ力の低下がみられる
商業施設 20000人/1日 3~5年 表面の摩耗により剥離がみられる
病院・市役所等 10000人/1日 4~5年 表面の摩耗により剥離がみられる
実際の持続性は使用環境に依拠しますので、歩行頻度に対する対応年数は粘着性・防滑性を保証するものではありません。

製品仕様

製品名(樹脂系素材) 材質 塗り方 耐熱 施工気温 硬化時間
トップコート ポリカーボネート樹脂
酸化アルミニュウム
(ビーズ骨材)
施設により
1~2度塗り
ー20℃~130℃ 0℃~35℃ 施工後1~2時間
(現場環境の気温により前後します)
アンダーコート ポリカーボネート樹脂 凹凸への樹脂
流し込み
ー20℃~130℃ 0℃~35℃ 施工後30分~1時間
(現場環境の気温により前後します)
アンダーコート (カラー)
※日塗工近似色で調整します。
ポリカーボネート樹脂
酸化アルミニュウム
(ビーズ骨材)
2度塗り ー20℃~130℃ 0℃~35℃ 施工後30分~1時間
(現場環境の気温により前後します)

適材:各種床材(石材各種・タイル各種・金属面・塗装面・ガラス面・塩ビ系マット材他)・アスファルト・コンクリート

凹凸の大きい・下から水上りがある下地の場合、早期剥離等を防ぐためアンダーコート(樹脂)の施工を推奨します。
硬化開始後約2時間で歩行可能となりますが、化学反応は48時間程度続きます。
施工後約2日は鋭利な物を引きずったり重量物を載せないで下さい。