• HOME
  • [商品番号005]デジタルサイネージでの緊急速報表示
  • 防災啓蒙
  • 平常時も
  • 発災時に
  • 蓄光
  • 反射

商品番号005
デジタルサイネージでの緊急速報表示

緊急速報「エリアメール」を、デジタルサイネージでも注意喚起

  • 全国の主要駅や市庁舎、その他観光地においてデジタルサイネージを設置、運用。
  • 平常時は周辺案内図や広告媒体として運用し、広告収入を得ることが可能。
  • デジタルサイネージ設置時には、オプションとしてエリアメール受信端末の設置が必要です。
  • エリアメール受信時に多言語対応の警報種別画像(下記参照)を約10秒間表示。その後はテキスト情報に切り替わり、1分間〜自動表示。
  • 2画面のサイネージを選択された場合、一方のモニターに近隣の避難場所を表示する等のカスタマイズも可能。
配信テキストは日本語のみの対応です。
現地機器への通電およびLTE回線が使用可能であることが前提となります。

設置事例

兵庫県・阪急伊丹駅

警報種別画像の表示(表示灯オリジナル)

エリアメール配信サービスは日本語のみの対応ですが、弊社のデジタルサイネージではより多くの方に注意喚起を行えるよう、エリアメールを受信したタイミングで、上記のような多言語対応の注意喚起画像をデジタルサイネージ上で数秒間表示し、その後日本語テキスト表示(下記イメージ)へと移行いたします。

配信イメージ

配信される情報

緊急地震速報
震度4以上の強い揺れが予想されたとき。

津波警報
1m程度以上の津波が予想されたとき。

災害・避難情報
台風や土砂災害などの避難情報。

デジタルサイネージ(モニター)に表示

緊急速報「エリアメール」は、気象庁が配信する「緊急地震速報」「津波警報」「気象等に関する特別警報」、各省庁・地方公共団体が配信する「災害・避難情報」(Jアラートにて配信される国民保護情報等)を、回線混雑の影響を受けずに受信することができます。

株式会社NTTドコモHPより引用。