社会貢献活動

自治体にとってのシティナビタ

シティナビタは、設置に関する費用・設置後のメンテナンス費用の負担がない上、広告料金や行政財産使用料といった税外収入が得られ、来庁者サービスの向上にもつながるという、多くのメリットがあります。

特長・期待される効果

市民サービスの向上
  • 来庁者の方々へ「公共施設」「一時避難場所」「広域避難場所」「避難所」等の所在地を示すことができます。
  • 住んでいる自治体の全体像・位置関係を示すことができます。
  • その他行政情報を発信する媒体として利用ができます。
税外収入の確保
  • 一定の金額を自治体様に「広告料」もしくは「賃借料」として納めるため税外収入の確保につながります。

設置自治体の満足度調査

シティナビタを設置した自治体様(118自治体)に対し、設置後の満足度調査を行いました(2012年7月)。
この結果、90%以上の自治体様が「設置に満足している」と回答されています。

Q.シティナビタについて、満足度は?

シティナビタ設置自治体の92.4%が設置に満足されています。
また、地図のデザインと電照式LEDバックライトにより視認性の良さも高く評価されています。

※調査方法:調査票を個別配布/調査時期:2012月6月中旬~7月上旬/調査対象:シティナビタ設置自治体CS調査/回答数:118自治体

社会に役立つ、便利な、明るい、地図案内板「公共ナビタ」

当社では日頃のご愛顧に感謝し、社会貢献活動の一環として、「交番に明るいナビタをつけよう!キャンペーン」を実施し、全国に展開していきます。公共ナビタは民間資金を活用した社会インフラ整備として、交番機能の充実をはかり、地理教示や地域とのコミュニケーションの強化に役立てられます。

また、各交番付近の文化・教育施設などの公共施設や観光地のほか、広告スペースには医療施設や企業などが表記されています。避難場所や交番所在地の海抜・防犯標 語も記してあり、住民の防災・防犯意識の向上にも一役買っています。またLEDバックライトを使用し、環境にやさしく、明るい仕様となっており、夜間の防 犯にも役立ちます。さらに色弱者にも見やすい「色覚バリアフリーマップ」を採用、また、大容量情報を収納するフェリカ機能やQRコードが付いていて、利用 者が携帯電話などでデータを読み込むと、広告掲載企業の電話番号や地図などの情報を入手できるナビタッチ機能も搭載しております。
地方自治体や警察にとっても、市民サービスの向上や案内業務の軽減につながり、更に税外収入を増やすメリットが生まれます。広告効果の向上、地域情報の充実、また警察業務に役立つ広告媒体として、今後も展開してまいります。

Q.交番に周辺地図案内板は必要と感じますか?


89.8%の方が必要だと感じています。

Q.「周辺地図案内板」が民間企業の広告事業により製作、維持され、さらに自治体に税外収入をもたらす仕組みをどう思われますか?

76.4%の方から支持すると回答いただきました。

  • ※調査方法:インターネットアンケート/調査機関:クロスマーケティング(マザーズ上場)/調査時期:2014年1月/調査エリア:東京・大阪・愛知・福岡・宮城・北海道/調査人数:2,000人
動画ライブラリー

公共ナビタの特長が動画でご覧いただけます。

スポーツを通じた地域貢献

表示灯株式会社は、『名古屋フラーテルホッケーチーム』を応援しています。

ホッケーの地域クラブ「名古屋フラーテルホッケーチーム」の運営母体として、日本におけるトップレベルクラブの活動環境を整えるとともに、日本代表としてオリ ンピックやワールドカップに参加する選手・ スタッフを支えるのが、総合型地域スポーツクラブ「NPO法人愛知スポーツ倶楽部」です。私たち表示灯株式会社はスポンサー各社と協力し、「NPO法人愛知スポーツ倶楽部」の活動を全力でサポートしています。

協力企業一覧(50音順)

  • 朝日機器株式会社
  • 株式会社雨宮
  • 株式会社エディオン
  • 大阪シーリング印刷株式会社
  • 金印株式会社
  • 興和株式会社
  • 株式会社三晃社
  • 新日本ウエックス株式会社
  • 株式会社杉本組
  • 株式会社槌屋
  • 株式会社トゥエンティ・ワン
  • 株式会社名古屋銀行
  • 表示灯株式会社
  • ホンダロジコム株式会社

日本政府観光局(JNTO)との連携事業

当社では2014年9月より、日本政府観光局(以下、JNTO)と連携してJNTO認定外国人観光案内所の所在地や電話番号などの情報をナビタに掲載するサービスを開始しました。
2013年に、訪日外国人旅行者が1,000万人を突破し、2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催が決まったことにより、外国からの旅行者がより一層、安心して旅行ができる環境作りが求められています。表示灯はこのサービスを通して、訪日外国人旅行者の受入環境整備に貢献します。

産学連携事業を推進

当社は1967年の創業以来、常に利用者やクライアントの皆様のお役に立つため日々努力、研究を重ねてまいりました。
近年は製品の性能や技術の向上を目指し、より多くの方々に信頼して頂ける商品を提供できるよう、様々な大学や研究機関と共同で各種の事業に取り組んでおります。

【現在推進している主な産学連携事業】

  • ・多言語対応デジタルサイネージ・インフォメーションマップの設置に向けた研究・開発(一橋大学・三菱総研)
  • ・駅利用者に対する誘導案内の最適化(名古屋大学)
  • ・ナビタの地図・筐体の機能高度化(多摩美術大学)
  • ・色覚バリアフリー機能の高度化(東京大学、カラーユニバーサルデザイン機構)
  • ・次世代照明(光源)の開発
お問い合わせ
表示灯は、交通広告、屋外広告、新聞・雑誌広告、TV・ラジオ広告などの「総合広告代理業」と、環境、交通、公共施設、商業施設、誘導案内サインの企画・開発・設計・施工などの「トータルサイン」をそれぞれの専門部署の知識と経験を活かしご提供しています。